子供と遊べるサービスエリア


a0001_016389

 

子連れで長距離のお出かけをすることもあるでしょうが、長距離の運転は身体にも精神的にも疲れてしまいます。ドライバーが休む為にも、子供をリラックスさせる為にも「サービスエリア」によることをお勧めします。サービスエリアは高速道路のだいたい50kmごとに設けられていることが一般的です。

 

もっと頻繁に設置されているのはパーキングエリアと呼ばれる施設ですが、パーキングエリアはサービスエリアと違って、ゆっくりと落ち着いて休憩する事に適しているエリアです。サービスエリアと比較するとパーキングエリアは充実したサービスはないでしょう。なので、子供とゆっくり休むには「サービスエリア」に寄るほうが良いでしょう。サービスエリアは場所にもよりますが、子供向けの遊具がある場合もありますし、緑地でゆっくりする事もできます。

 

パーキングエリアにはそういったものは無い事のほうが多いため、子供をつれて亜出かけの際にはサービスエリアがおすすめです。ただ、個人的にゆっくり運転の疲れを癒したいのであれば、団体の利用者の少ないパーキングエリアの方がゆっくりする事はできるでしょう。是非、状況にあわせてサービスエリアを利用してみてはいかかでしょうか。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。